二日酔い対策の方法を知ろう

楽しい飲み会の席でついついお酒を飲み過ぎてしまい翌朝二日酔いになってしまって仕事に支障をきたしたり、せっかくの休日が1日中家でダウンしているといったつまらない1日になってしまうといった経験を持った方は少なからずいらっしゃいます。

そこで二日酔いにならないための対策を知っておきましょう。

この対策を知っておくことで、二日酔いで苦しむことを減らすことができますし、仮に二日酔いになってしまっても早く改善できるようになります。

まずは二日酔いにそもそもならないための対策から述べることにします。

お酒とお酒の間に水を飲むようにします。

飲酒すると脱水症状になりやすくなり、脱水は二日酔いの原因となります。

ですから、お酒を1杯飲んだら水を次のお酒を飲む前に水を飲みましょう。

また、お酒を飲む際にはおつまみと一緒に飲むようにするとアルコールの吸収が緩やかになって二日酔いになりにくくなります。

次に二日酔いになった時には、二日酔いは脱水状態になっているのでこまめに水を飲むようにします。

そうすることで二日酔いから早く立ち直ることができます。

糖分の含んだリンゴや柿などを併せて食べておくと二日酔いから早く立ち直りやすくなります。

 

アルコールの量より多く水を飲む

二日酔い対策は、まず飲み過ぎないにつきます。

それは、どなたでもわかっているとおもいます。

どうしても飲み会の席では、ついつい飲み過ぎてしまう事があります。

飲み放題だと、元をとろうなんて思って気がついた時には、すでに酔っ払っていたなんて事もあると思います。

そこで、私が実践しているのは、水を飲む事です。

アルコールと一緒に食事、おつまみなど食べるのは、もちろんのことでが、水をたくさん飲む事です。

アルコールの量より多く水を飲みます。

ちょっと恥ずかしいのは、トイレが頻繁になってしますことです。

でも、それを実践すれば、二日酔い酔いにはなりません。

私の実証済みです。

皆さんも試してみてください。

また、二日酔いになってしまった時は、ハイチオールCが効きます。

肌荒れの薬に思われがちですが、裏面の効能に二日酔いと記載記載があります。

薬は個人差があると思うので、皆様それぞれですが、何はともあれ、お酒は楽しく飲んで飲まれないようくれぐれも気をつけてください。

 

二日酔いを防ぐには飲む前に飲む

昔からある二日酔い、なぜ二日酔いになる事を分かっていて、人はお酒をのむでしょうか。

私の若いころは飲む前に牛乳をのんだりしました。

胃の中に牛乳の脂肪の幕を作り、アルコールの吸収を防ぐとおもっていたからです。

それでも二日酔いにはなったのです。

少しくらいは効果が有ったのかさえも分からないのです。

結局は飲みすぎなのです。

今は飲む前にコンビニで手軽に買う事が出来る物がたくさん有ります。

代表的なものではウコンですね、ウコンを飲めば二日酔いにならないと思われているようです。

しかしそれで二日酔いにならないのでしょうか?

ウコンを飲んだからと安心してアルコールを飲み過ぎると、結局同じく二日酔いにはなるのです。

一番良いのは飲む量を制限することが一番良いのだと思います。

二日酔いを続けて、自分の適量を知る事が一番だとおもいますが、アルコールが入ると忘れてしまうのが人間なのですね。

飲まない事が一番良いのですが、お付き合いもありますから適量を巻き前る事がいちばんなのでしょう。

 

酵素を補ったら二日酔いしなくなった

独身で外食にたよることが多く、食生活は偏りがちです。

30代も後半に入ると翌朝、若い頃に比べて前日の酒が残ってしまいがちですが、これは単に体力の衰えだけでなく、偏った食生活も影響しているように思います。

それで、本やネットで調べたんですが、とりわけ飲酒と関係のある成分で、今の食生活において不足しているものを洗い出すと、酵素が浮かび上がりました。

よく酵素パワーとかいうコピーを耳にしますが、酵素の主要な働きとしては、食べたものや飲んだものをエネルギーとして、燃焼させやすくすることだそうです。

エネルギーそのものではないんですね。

二日酔いや酒が残るという現象は、飲んだ酒を効率よく燃焼させきれていないからだ、ともいえるわけです。

じゃあ何で、若い頃は問題なく出来ていたのに、加齢とともにそれが出来なくなるのか。

二日酔いしやすくなるのかですが、それは年とともに体内生産される酵素が減るからだそうです。

なら、減った分を外から補えばいいんじゃないか?

それで酵素ドリンクを飲むことにしたんです。

すると、二日酔いは収まりました。酵素パワーです!

 

実践している二日酔い対策!ビタミンB群サプリメント使用

飲み会の多い会社に転職してからは、よく二日酔いで悩まされるようになり対策をすることにしました。

お酒は嫌いではないのですが、弱いんですよね。つい上司から「もっと飲め」と言われると飲んでしまい、翌日具合悪くて後悔します。

私が実践している二日酔い対策は、サプリメントや漢方薬を飲むことなんです。

最初は五苓散が二日酔い予防になると友人からすすめられて飲んでいましたが、現在はビタミンB群のサプリメントを飲むようになりました。

私は漢方薬よりもこのビタミンB群のサプリメントのほうが効果があるみたいで、これを飲み始めてからは飲み会があった次の日もスッキリと目覚めることができています。

サプリメントを飲む前は、正直その効果を疑っていました。

サプリメントを飲むだけで二日酔い予防になるなんてと軽い気持ちで飲み始めたら、やめられなくなりましたね。

飲み会はみんなと騒いで楽しいのでこれからも参加をしたいです。

これがあれば辛い二日酔いに苦しむことなく飲み会を楽しめます。

 

二日酔い対策にしじみ汁

まだ20代前半で飲み会の度に二日酔いになっていた私。

ですが、ある日、実家の父がすすめてくれたのがしじみ汁でした。

父も若い頃によくお酒を飲んで失敗していることがあり、そのときに私の祖母にしじみ汁を作ってもらっていたそうです。

対策方法は簡単で、帰ってから寝る前にしじみ汁を飲んでから寝るのです。

少ししか飲めなかったとしても少しだけ飲むだけでも違うそうです。

それから私も飲み会がある度に帰ったらしじみ汁を飲むようにしています。

もしお店のメニューにあるときには、そこで選んだりもしていますよ。

そのおかげか、飲み会の翌日には必ずというほどあった頭痛の回数が減りました。

それに、あったとしても朝起きれなかったり仕事にならなかったりすることも減りましたね。

しじみ汁ってなかなか自分では作りませんが、最近ではどのコンビニでもカップのものを取り扱っていますし、簡易味噌汁のメニューにも追加されたりと手に入れやすくなっているので便利ですよ。

【参考サイト】しじみんお試し通販!初回1000円で試せる国産しじみサプリ
【URL】https://www.bassidji-lefilm.com/

 

手軽で効果抜群な二日酔い対策

私はお酒が大好きですが、25歳を超えた頃から二日酔いが出始めるようになりました。

ビールが大好きで飲み会に行くと最初から最後までビールだけを飲むのですが、30歳に近付いた今は必ず二日酔いになります。

かと言って飲む量をセーブするとその場が楽しくならないので、どれだけ飲んでも二日酔いにならない方法をネットで調べ、自分に合った対策を見つけることができました。

その方法は「酒豪伝説を飲む」これだけです。

酒豪伝説とは沖縄県産のウコンを100%使用したサプリメントで、私はこれのおかげで二日酔いに怯えることなく、アルコールライフを送ることができています。

コンビニに売っているウコンの力やヘパリーゼも試しましたが、全く効果はありませんでした。

ですが、酒豪伝説を飲んだ翌日は前日にお酒を飲んだことが嘘のように目覚めも快適で、仕事に行くことも辛くなりません。

酒豪伝説は都内であればドラッグストアでも取り扱いがあり、一包の単価も100円くらいのため、コスパも最高です。

今では財布の中に1包は必ず入っていて、明日のことを心配することなく飲み会に参加しています。

 

お酒を飲む前と飲んでいる間にできる二日酔い対策

二日酔いにならないためにお酒を飲む前と飲んでいる間にその対策を講じておけば、翌朝起きた時に二日酔いで苦しまずに済む可能性を高めることができます。

まずはお酒を飲む前に食べ物を入れておくことです。

そうすることで胃内のアルコール濃度を低く保つことができるようになります。

それによってアルコールの吸収を遅くさせることができるので、その結果代謝を促進させることができます。

これにより翌朝の二日酔いを防ぐことができる確率を高めることができます。

また、お酒を飲んでいる際にも二日酔い対策ができます。

それは、お酒を1杯飲んだ後にすぐに別のお酒を飲むのではなく一度水を飲むようにします。

そうすることで、脱水を防ぐことができます。

脱水になると二日酔いになりやすくなりますので、それを防ぐためには脱水にならないように水を飲むことです。

お酒とお酒の間に水を飲むことで脱水を防ぐことができて、その結果二日酔いになりにくくなるわけです。

 

少しの気遣いで翌日苦しい思いをしないですむ

お酒が好きな人にとってつらい二日酔いですが、少しの気遣いで翌日苦しい思いをしないですみます。

まずはすきっ腹で食べないということです。

本当の酒飲みは食べないでずっと飲んでいるといいますが、私もそうなのでそうしたい気持ちはよくわかります。

空腹のほうがお酒の味がわかるし、短時間で酔えるからです。

ただ空腹で飲んだ場合翌日二日酔いになりやすいので、少しでもお腹に食べ物を入れておくことをおすすめします。

おつまみでよく出される、枝豆とかお豆腐なら食べやすいでしょう。

もう一つは、水分を十分にとるということです。

できればお酒を飲む前、飲んでいる途中、飲み終わった後と水を飲むのが一番ですが、これもまたお酒好きとしては嫌だと思うでしょう。

のどが渇いた状態でお酒を飲むのがおいしいのだし、ちょこちょこ水を飲んでいてはトイレでアルコールが排出されて酔いが悪くなります。

なので飲む前、最中は仕方がないとして、飲んだ後に水をがぶ飲みして二日酔いをできるだけ防ぐことを意識するのがよいと思います。

 

二日酔い対策に多すぎるほどの水分を!

お酒を飲む方なら一度は体験したことのある二日酔い。

楽しい飲み会やお祝いなど、お酒を飲む場面でついつい飲みすぎちゃって次の日に後悔したことはありますよね。

楽しくて気がついた時には飲みすぎている状況も多いと思うので、飲みすぎちゃいそうな時や普段から取り入れれる二日酔い対策を紹介します。

私が一番におすすめするのは、アルコールと同じ量の水分補給をするのが効果的だと感じます。

お酒を飲む前からもしっかり水分を補給して、飲んでる最中も間にしっかり水分を補給する。

もちろん飲み終えた後もしっかり水分を補給すると次の日の二日酔いの可能性が軽減されます。

水分を取り入れることによって、アルコールによる脱水症状の予防や、アルコールの分解を進めてくれる効果があります。

水分以外にもしっかりお酒を飲む前は食事をとって空腹ではない状態でアルコールを飲むこともおすすめします。

他にも色々な方法があるかと思いますが、最低限こちらを実施すれば予防になるので是非試してみてください。